牡蠣(殻付き)のレシピ

殻付かきのシンプルで美味しいレシピを3つご紹介します。バーベキューでは焼きかき、ご家庭では蒸しかきがおすすめです。少しだけ手軽に楽しみたい場合は、電子レンジでも美味しく調理できます。

焼きかき

焼きかき 調理例
材料
  • 殻付かき 何個でも
作り方
  1. 殻付かきをたわし等でよく洗う。(殻付かきの洗い方
  2. まず、殻の平たい面を下にして網に置き、2〜3分ほど火にかける。
  3. トングでひっくり返し、殻の丸い方(深い方)を下にして焼く。
  4. 5分程度で口が開いたらさらにもう少し焼く。
  5. 5mmくらい口が開いたらトングで皿にとり、軍手または布巾などを使って殻付かきを固定し、ナイフを差し込んで殻の上部にくっついている貝柱を切り離す。
  6. お好みで醤油やレモン汁、ポン酢等をかけて出来上がり。

大きさによって加熱時間は異なります。カキはアサリのように加熱しても口が大きく開きません。5mmくらい開いていると出来上がっています。中には口が開かないカキもありますが、布巾でおさえながらナイフを差込み、開けてみてください。簡単に開くと、出来上がっています。まだ熱が足りない場合は、もう一度追加で加熱してください。

[注意] 長く焼き過ぎると殻が飛び散る原因となります。出来るだけカキから離れて、注意してください。

おすすめ商品

蒸し殻付かき

蒸し殻付かき 調理例 殻をむいた蒸し殻付かき
材料
  • 殻付かき 何個でも鍋に入るだけ
  • 水 または お酒 適量
作り方
  1. 殻付かきをたわし等でよく洗う。(殻付かきの洗い方
  2. 殻の丸い方(深い方)を下にしてフタのついたなるべく深い鍋に入れる。(何個でも重ねて入るだけ入れる。)
  3. 鍋に水(またはお酒)を1cm程度入れる。
  4. フタをして強火にかけ、沸騰したら火を止める。(10分程度)

大きさによって加熱時間は異なります。カキはアサリのように加熱しても口が大きく開きません。5mmくらい開いていると出来上がっています。中には口が開かないカキもありますが、布巾でおさえながらナイフを差込み、開けてみてください。簡単に開くと、出来上がっています。

おすすめ商品

レンジでチンする殻付かき

レンジでチンする殻付かき 調理例
材料
  • 殻付かき 1個〜
作り方
  1. 殻付かきをたわし等でよく洗う。(殻付かきの洗い方
  2. 深めの皿に殻の丸い方(深い方)を下にして殻付かきをのせ、皿にラップをかけて、500Wで1個につき1分強を目安に加熱する。4個の場合、5分程度加熱する。
  3. お好みで醤油やレモン汁、ポン酢等をかけて出来上がり。

大きさによって加熱時間は異なります。カキはアサリのように加熱しても口が大きく開きません。5mmくらい開いていると出来上がっています。中には口が開かないカキもありますが、布巾でおさえながらナイフを差込み、開けてみてください。簡単に開くと、出来上がっています。まだ熱が足りない場合は、もう一度追加で加熱してください。

おすすめ商品
PAGE TOP